antique shop


by labottega
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

カテゴリ:お店の中( 3 )

お店の中2 大正ロマン

店主が目指してるもの、

それは和と洋の融合


いわゆる和洋折衷と捉えてもよいのですがそれにも時代ごとに様々なスタイルがあり
とりわけ好んでる様式は
明治ハイカラ~大正ロマン~昭和モダン
一連の流れの中に
洋を取り入れつつ独自の美を追求した日本人の眼に惹かれます、

そんな再現を目指しました。


大正ガラスと漆喰壁・・大正ロマネスク

d0139711_830943.jpg


蓄音機とステンドガラスの衝立、イメージは昭和モダンスタイル

d0139711_8311530.jpg























欧米文化を吸収し、追いつこうと日本人の美意識と誇りを持って接見した館
かつての鹿鳴館にはこんなテレフォンチェアがあったのかもしれませんね。






d0139711_8291350.jpg

[PR]
by labottega | 2009-06-02 08:41 | お店の中

お店の中1

お店の中の様子をご紹介します、

店内はさまざまな国と時代のアンティークにふさわしいよう
5つのタイプの空間を融合させています、

その一部を写真でご紹介してゆきます。


本棚兼、棚、古書と秤、キッチン用品があります。

d0139711_7535816.jpg


吹き抜けの梁を
大工さんに削っていただきました。
d0139711_7543747.jpg



こちらは古い喫茶で使われていた照明です。
d0139711_755112.jpg


まだまだ続きます、お楽しみに*



[PR]
by labottega | 2009-06-02 08:03 | お店の中

お店の由来


このお店の由来であるbottegaは
ボッテガともボッテーガとも呼び
イタリアでは店・工房を指します。

d0139711_2215379.jpg
イタリアの職人は直営の店をもっており
工房で作ったものをそのまま店先へ出すというスタイルです、

だから店とも、工房とも言われるのですが
日本の店と大きく違う点は
中間業者さんが入らないという点でしょうか。

LA BOTTEGAでは
店主自らモノを作ったりなおしたりします、
古くて誰も振り返らないものに命を吹き込むことに
喜びを覚えるからです。

古くてみんなに忘れられてしまった歌を拾いにいきます、
奏でて命が宿ることが
楽しいからです。

古さをいとおしむというよりは
古い時代にあった人の手によるあたたかみのあるカタチを
好んでいます。

古さや作者の高名さで高価な芸術品がお好きな方には
私の扱うものはゴミのように見えるかもしれませんが
そのようなものでも私にとっては喜びを与えてくれるモノです。

そんな楽しみを共有できる、そのようなモノを好まれる方々との出会いを楽しみにしています。

手仕事や音楽のワークショップ、ライブなども楽しんでくださいね。


本当にゆっくりですが

自分のリズムでこのお店を完成させてゆきたいと思ってます。
[PR]
by labottega | 2008-07-15 22:38 | お店の中