antique shop


by labottega
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28

<   2009年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

今回の記事は長年親交のある画家 わたなべゆうさんの記事です。

作家さんと山口画廊さんに特別な許可をいただいて会場内の撮影ができました。

d0139711_18332773.jpg
28日の作家来廊にうかがったのですが
2年ぶりにお会いするゆうさんは
まったくお変わりなくお元気でした!

写真を撮られるのがお好きではないため
文章でお伝えするだけですが
作家来廊の機会に是非伺ってみてください。

早くも予約済みの絵が8点くらい。
開場からまだ3日しかたっていません
いつものことながら早いですね。

ドローウィングは油絵よりも手が届きやすい価格なのですが
クオリティは油絵並みです。
そこが人気の秘密でもあります。

作品はたくさんありますからまだまだ大丈夫ですよ。


オーナーの山口さんもとても素敵な方です。


d0139711_843432.jpg

山口画廊さんのHPアドレス

http://home1.netpalace.jp/yamaguchi-gallery/top.cgi









山口画廊(JR西千葉徒歩5分)10:00~20:00
℡043-248-1560(火曜日定休)
3月16日まで開催中

暖かい大地の香りのする作品に囲まれて
画廊オーナーと絵について語り合うひと時は
あわただしい日常にひとつのエッセンスを与えてくれることでしょう。

是非足をお運びください。


※著名な現代作家さんの作品ですので著作権の関係上無断転用はご遠慮くださいね。
d0139711_18335675.jpg




d0139711_1834301.jpg

[PR]
by labottega | 2009-02-28 18:43 | 作家さんの作品

古喫茶めぐり2




古喫茶めぐり2弾は浅草アンチ”ェラスです、
浅草の天使って一体どういうお店なのか
とても興味がありました、
d0139711_2035643.jpg









浅草の雑踏の中で山小屋のような古びた窓が見受けられ
扉の向こうには鳩のような彫刻が、


アンチ”ェラスというのはカトリックでは聖なる祈りというのだそうです
イスのデザインには十字架が、
教会のような静謐さを感じさせました
古くには文豪達が訪れていた癒しの空間だったと聞きます。





d0139711_205175.jpg



コロンとした丸い欧風ケーキ、チョコとホワイトチョコ

右の天使と左の天使なのでしょうか?
右の天使は良い方に人を導き左の天使は悪へといざなうのです。

白いケーキは守護天使、黒いチョコケーキは堕天使のようでもあります。

凝ったコーヒー濃しからは香り高い珈琲が
天使のささやきとともに、
深い味わいとともに喉にしみこんでゆきます、
どちらの天使のささやきが聞こえたでしょう?


浅草に舞い降りた天使、
この静寂さをいつまでも保ち続けてもらいたいと願うばかりd0139711_20121236.jpgです。
d0139711_20104319.jpg


[PR]
by labottega | 2009-02-10 20:17 | 古喫茶

古喫茶めぐり

趣味のひとつに古喫茶めぐりがあります、
昭和初期の都内の喫茶店文化に憧れて
アンティーク・カフェを
始めたわけですから、憧れもひとしお。

焙煎にこだわりがあるご高齢のご主人がいらっしゃると
とあるコーヒー店のお方に伺いまして
足を運んでまいりました。

第1回目のご紹介は銀座カフェ・ド・ランブルです、

看板からして珈琲だけのお店とあることから
コーヒーに対するこだわりが伺えます。

d0139711_17304417.jpg

ノスタルジーを感じさせる内装、灯りのなかで味わう珈琲のひとときは格別なもの、

ご主人はカウンターにはご不在でしたが
幸運なことにこだわりの焙煎師であるご主人豆を挽いている姿も拝見できました。



何十年も前の生豆を保存して飲み比べをしているのだそうです、
さすがでございますね。

深い年代の味わいでございました*d0139711_1732396.jpg








[PR]
by labottega | 2009-02-10 17:34 | 古喫茶