antique shop


by labottega
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

荘厳美術

d0139711_952473.jpg店主のライフワークに装飾と荘厳美術の研究があります、

研究といってもご大層なものでなく趣味と実益を兼ねたアンティークショップを
はじめたのも理由のひとつ

古い聖書や装飾祭壇を目にすることが出来るのが喜びです。










d0139711_95242.jpg







そのかたちを模索したり資料として残したりする際に
フレスコ画やモザイクに残すこともありますし、
錫のシートを加工してこういう作品を作ることもあります。






d0139711_9522672.jpg



彫金で作る予定でしたが時間がとれなかったこともあり
今回はピューター(錫)シート仕上げです。

その昔、錫は変色しにくい材質で高価な銀の代わりに用いられ重宝しました、
今でも錫製品のアンティークを手にすることがあります。


写真の習作は100年前の聖書の図案からおこしました
もともとレプハドという技工なのですが巷ではメタルエンボッシングというクラフトとしても
さかんになっているようです。





d0139711_953478.jpg






d0139711_9531831.jpg



荘厳美術って何?と聞かれることがあります、

ウィキペディアにも載ってますが
簡単に申しますと宗教的な題材のときに用いられる装飾になります。

重厚ながらも独特の輝きを持ち
モチーフの神聖さを際立たせる役割を要します。


よくクリスチャンなんですか?という質問を受けるのですが・・

荘厳美術トカビザンティン美術とかに携わってると
そういった質問が多いのでこちらで説明することにしました。

西洋絵画はもともとは教会から広がっていったので
キリスト教的な題材や取材は絵画を学んでる人たちにはごくあたりまえの
ことと知られています。


古来ではあるイコン画家・F
は職業画家であってクリスチャンでなく、


近代の画家・Mも教会の壁画されたことはあっても
クリスチャンではないと聞きます。

※聞いた話なので名前は伏せておきます、

西洋絵画に携わっている人なら多かれ少なかれ
信仰としてではなく純粋な美術として
触れているところがあるのではないでしょうか。

どちらかというと、私もそういう一人です。


ここ数年天使や十字架など宗教的な題材に浸かってるのですが
自分の手を通して学んでいくことが自分にとっての研究なので
作ること自体が目的になってます

習作に過ぎないもので発表することもないのですが
それではちょっと寂しいので
こうしてウェブやショップで公開してます。


d0139711_109966.jpg




アンティークショップに置いてあれば違和感ないですよね?
[PR]
by labottega | 2009-10-06 10:11 | 店主のポートフォリオ

三里塚御陵記念館 ②

桜の咲く3月中旬~4月初旬にかけて
ここ三里塚御陵記念館で貴賓館と
防空壕の公開が年1度だけ行われます。


こちらは政府の要人をお招きしたホールも残ってる貴賓館
外観は茅葺き屋根ですが
内部の和洋折衷様式も魅力です。

d0139711_22315732.jpg



ホール内のシャンデリアはウチのお店と同じもの!

ちょっと嬉しい驚きがありました。

d0139711_2237529.jpg








ホール内ではありし日の三里塚の写真資料が見られます、

こちらは軽便鉄道の資料、

ちょっとした鉄道ファンもこの地を訪れることもあります。
廃線紀行とやらですね。















d0139711_2231333.jpg


最近インターネットでもだいぶこのあたりの記事を目にするようになってきました、

隠れた名所になると嬉しいです。
[PR]
by labottega | 2009-10-02 22:47 | 桜の三里塚
お店のすぐ近所に三里塚記念公園があります、

前の姿の名称は、宮内庁下総御料牧場

(Wikipedeiaに詳しく載っていたので驚きました。)

灯台元暗しとはこのこと。

d0139711_2243873.jpg


ここは国の施設で大久保利通さんが開いた

天皇陛下のための牧場跡地。

近所には馬にまつわる地名が残っています、

それとしの竹が良く出てきます(笑)

さらに桜の名所でした、

その昔軽便鉄道が三里塚駅までのびており

東京からも花見客が訪れたそうです。

今でもその名残を留め桜の姿が美しい、

地元では桜の花見の穴場でもあります。

そして施設は入場無料なんですよ。

こちらは普段の記念館の顔・とても静かです。

天皇陛下の馬車もご覧になれます、

d0139711_8493123.jpg




在りし日の三里塚の姿・・馬車が走っていたことを思い出させてくれます。

今でも付近には牧場が多くて馬も良く見かけます、
有名な競走馬も育ててると聞きます。

日常の中の非日常が味わえるのが魅力です。






d0139711_8501262.jpg

[PR]
by labottega | 2009-10-01 22:43 | 桜の三里塚

ほんやら洞

第5弾は国分寺のほんやら洞さんに行ってきました。


d0139711_225338.jpg



蔦のからまった外観にぐっと来ます。

それもそのはず

ここは、シンガーソングライターの中山ラビさんhttp://bakkers.gr.jp/~lami/rabi/index.html が経営している店だそうで

自分たちで積んだようなふぞろいな古レンガ

手描きおメニュー

天井の古い梁など。

ただならぬこだわりが感じられます、

d0139711_2255323.jpg


今回は残念ながら急いでいててコーヒー(注文したのに!)
の画像も忘れました(次回は必ず・・)

この日は一番早くできる
カレーとラッシーを注文しました。










d0139711_22105871.jpg




カレーを待ってると

お店の常連客らしい会話が聞こえてきます。

「イチローって毎朝カレーなんだって」

「脳の血流がよくなるとかで」

「カレー食べてると認知症になりにくいのかなあ」

こんな会話がこぼれてきます、

近所にこんな古喫茶があれば毎日通うのになあ・・

ああ常連になりたい、イチローと認知症について語りたい・・

と思いつつ


来ました、カレー、おいしそう。

d0139711_22111450.jpg


ここのカレーは本格的です!ラッシーと一緒にご注文をおすすめします、

家庭用カレーで味わえない辛さに、どんどん食が進みます。

とても体が温まりまして急ぎ早に店を後にしました、


次回はもう少しゆっくりできるようにしたいです
[PR]
by labottega | 2009-10-01 22:17 | 古喫茶