antique shop


by labottega
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

中世様式の楽譜台 2

カトリックのミサの形式には主に通常文、固有文とありますが
ウィキペディア・ミサ曲参照(http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%9F%E3%82%B5%E6%9B%B2)
その代表的なものを通して、以前ご紹介したグロリアより最後の楽譜台


久住朋子さんのSanctusです。


この作品はもともと書見台の様式で布の作家さんとコラボレーションではじまり
楽譜台としての用途でミサシリーズと称しお願いして出来上がった作品になります。




ご本人のイタリア向けのサイトで作品紹介があるので日本語訳と一緒にご紹介します。

Un leggio in legno misto ( noce italiano bianco e scuro - noce di Nuova Guinea, - ontano - olmo), con il motivo del antico spartito di un canto liturgico "il Sanctus XI" , quindi, con l'iniziale "S" intagliato e dorato, il pannello centrale con quattro Serafini è tutto traforato a mano. Ho usato gelosamente alcuni pezzi di legno anghiarese che avevo portato da Anghiari, erano vecchi assi o tronchi di noce, ontano e olmo, tutto tarlati, ma, sono belli e affezionati.

 /イタリア産のクルミ材(明るい色のと暗い色の2種類)、ニューギニア産のクルミ材、榛の木(ハンノキ)、楡(ニレ)で作られた書見台。ミサ曲Sanctusの11世紀バージョンの写本をモチーフにしてある、依って、彫刻と金箔で装飾されたイニシャルSが配置されている。4体のセラフィムを配する中央のパネルは全て透かし彫り。惜しみつつも材のほとんどはアンギアリで育った樹を持ち帰ってきた物を使った。ハンやニレの古材や未製材のクルミの丸太はかなりの虫食いがあったが、やはりそれでも私にとっては美しく、そして愛着のある材だった/


 過去の作品にも見受けられるように彫刻的な構造、絵画的構図の上に繰り広げる装飾は建築、絵画、イタリアでの総合的な美術を学んだ作家自身の経験や技術、環境、思想を色濃く反映しています。


 彼女の作る作品は自身の苦難やまた何かに抗いながらも、温かみを忘れない優しさと力強さ、
また自身へ課した題目への完遂、ミッションのような、奥深さもあわせ持っているように感じます。


d0139711_10328100.jpg


d0139711_10323169.jpg


d0139711_10325353.jpg

愛猫の足を参考にして彫ったライオンの猫足

d0139711_1033864.jpg


d0139711_10333464.jpg


 言葉は不要ですね、この作品に対峙していると様式の美しさや古材の美しさを通して
勇気を与えてくれる心持がいたします。


モチーフへの畏敬や憧憬をはじめ、まっすぐに純粋に作品を通して何かに向き合う力を感じるのです。


 ずいぶん前にイタリアの小さな村の教会の扉に彼女の彫った聖人がいると聞いたことがあります、
銘も入れず、ただひとつの思いで彫った彫刻にも通じる


その何かを感じ取っていただけるでしょうか。
[PR]
# by labottega | 2012-12-04 11:25 | 作家さんの作品

フランスのビスクドール

私は古道具屋を営んでおり修理専門ではありませんが
こちらで購入下さった古物については必要があるとき、依頼があるとき、気の向いたときにたまに色々と直しております。


たまたまご依頼があったので印象に残ったものをご紹介したいと思います。
こちらはパーツとりに保存されていたであろうお人形セットのドールでした。
d0139711_14171766.jpg
独特の雰囲気で、パーツとりや新しい人形の土台としても使えますので
このままの風情も面白いだろうと
このままオークションにだしておりましたが
お優しいご婦人が興味をお持ちくださり、つなげてくれますか?とのこと。

→イノセントみたいでしょ?(^^


古物は直してる最中に圧がかかると余計に壊れる事もあるので程度を見て
危なそうなことろは補強します。

オリジナルの劣化を気に入られる方はこのままの状態を好みますので
必要以上の補修はしないのですが、ご希望によります、

今回は補強OKとのことでしたので腕のひびを固着、

オリジナルの穴があいていたので一番簡単な方法でつなげる事ができて
新しい魅力を再発見。

私では気付かなかい生かし方などのご提案をいただいてとても可愛くなりました。

無事お手元に届きお気に召して可愛がっていただけて嬉しかったです。
d0139711_14173065.jpg



破損して入って哀しいこともありますがある程度直すこともできるので
こういう楽しみがあるのがこの仕事の面白さかなと思います。
[PR]
# by labottega | 2012-11-27 14:23 | アンティークギャラリー(SOLD)
一部古物も貸し出しが出来ます。


今後お店での古物販売はウェブショップ、オークション、展示会がメインで活動してゆくことになります。


5月からお店でのみ撮影が出来るようになります、
リクエストがあれば一部庭での撮影も可能になります。

d0139711_2042112.jpg


(来年度より間取りや広さ、料金規定など詳細をこちらに載せる予定です、お待ちください)
※12月26日撮影予約済み、~2月まで冬季休業2013年3月からの予約はメールにて

kohakujikan@yahoo.co.jp




都内より車で約1時間~1時間半 東京駅八重洲口より 高速バス八日市場 匝瑳(そうさ)市役所行き

JR成田駅東口より 左手交番向かい・三里塚 多古 八日市場方面 三里塚御料下車
成田市役所(JR成田駅より徒歩5分・京成成田東口側)より コミュニティバス 遠山ルート光が丘共同利用施設下車


成田空港付近のドラッグストアAVIN裏手にあります。

d0139711_20295096.jpg


お店の住所が地図に反映しませんのでご注意ください、車でお立ち寄りの際の最寄の施設は
桜の三里塚として親しまれていた御料牧場記念館がすぐ近くなので参照されてください。





[PR]
# by labottega | 2012-11-09 20:35 | フォト スタジオ
10月に入りイベントであわただしかった時期から一息つきました、
最近はお店の撮影準備の為、お庭の整備植木の植え替えなどに精を出しております。

d0139711_8361943.jpg

今年は古いオルガンを解体して棚を作りました、
作ったものが少なかったなりに場の作り方、見せ方など色々と勉強になりました。
今後の展開はまたブログにてお知らせいたします。

今年のテーマはヒトガタでした、
ブキミ可愛い雰囲気を堪能していただけたら幸いでございます。

これから寒くなってまいります、少しづつネットにアップしてゆきますので
お楽しみに*




d0139711_8363698.jpg



d0139711_83791.jpg



d0139711_8373150.jpg

[PR]
# by labottega | 2012-10-13 08:42 | お店からのお知らせ
急激に暑さが厳しくなりましたが
お変わりないでしょうか?

一足先に展示会のお知らせです、9月の4週目、去年と同じ江原画廊さんにて。

d0139711_1138416.jpg

今年はヒトガタをテーマとしました、

古物店での企画でございますので古物店らしい趣向を凝らした
展示会となればと。
古来から人を惹き付ける、人形
ヒトガタ・人の形の夢をご覧下さい。

写真は展示物の一部

欠けたパーツをつなぎ合わせ
大切に残された1品です。

昔から何故だか、欠けたものに惹かれます。

彼女のためにボネを作りました、(こちらは商品でなくディスプレイです)
お顔の傷が目立たぬよう、またオブジェとして
新たに可愛がってもらえるように。

d0139711_1139073.jpg

d0139711_11392086.jpg

断頭台の露と消えたマリーアントワネットが被っていたボネ、
おそらくこういうものではなかったのでしょうか。

d0139711_11393269.jpg


ガラスのベッドで目覚めたビスクは白雪姫のごとく
d0139711_11475950.jpg






PUPPEN CLINICみたいにパーツを並べて

d0139711_11414953.jpg




欠けたお人形も、手も足も足りないものは足してあげればいい。










ボディだけの引き取り手のいないビスクに手足を作りました。
d0139711_11403181.jpg


また誰かに可愛がってもらえるように。
飾り方を変えるだけで生まれ変わるものたちがいるのです。
[PR]
# by labottega | 2012-07-13 11:54 | イベント